大丹波とは

かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ旧丹波国。京都府と兵庫県にまたがる7つの市町(福知山市、綾部市、亀岡市、南丹市、京丹波町、篠山市、丹波市)により形成された地域が今、新たな観光振興を促進するために連携し、旧丹波国を「大丹波」として一体化を果たしました。

大丹波観光推進委員会

大丹波地域は、豊かな自然と丹波ブランド農産物に代表され、食材の宝庫として全国にも有名です。しかし、大丹波の魅力はそれだけではなく、歴史、文化に彩られた豊富な観光資源をもっています。この6市1町は「大丹波」として連携し、観光や特産品などの魅力発信を行っています。

丹波の国 その名前と語源

古代の丹波は但馬、丹後をも含む大きな国でしたが、奈良時代に、丹波・但馬・丹後の3国に分割されました。その後、明治時代の廃藩置県で、氷上郡・多紀郡の2郡は兵庫県に、桑田郡・船井郡・何鹿郡・天田郡の4郡は京都府にそれぞれ編入されました。

「丹波の国」の語源には、いくつかの説があります。その中の一つに、「赤米(古代米)の稲穂が波をうっているように実る国」という解釈があり、もしそうであれば、とても豊かな国であったのだろうと思われます。

map
fukuchiyamashi
fukuchiyama
福知山市(京都府)は、山陰地方の交通の要所でもあり、かの戦国武将「明智光秀」が築いたまちとして歴史的にも有名な場所です。現在、郷土資料館として修復されている「福知山城」をはじめ、城下町の名残をとどめています。また、大江山の「酒呑童子」の鬼伝説や全国で2つしか例のない黒木の鳥居を持つ元伊勢三社、古来のお産の習俗を今に伝える安産祈願の神様「大原神社」、自然と農を満喫する「農匠の郷やくの」、地質遺産である「小倉の玄武岩」など、自然・文化・歴史と幅広い要素の観光を楽しめます。
ayabeshi
ayabe
綾部市(京都府)はグンゼ発祥の地として有名な場所です。現在も創業本社は、グンゼ博物苑・記念館、綾部バラ園としても利用され、観光資源として活躍しています。また、大本教の発祥地でもあり、大本教本部は秋になると紅葉が美しく色づき、紅葉の名勝として毎年たくさんの人が訪れています。その他の観光名所には、光明寺二王門やあやべ温泉が有名で、特産品に関しては全国有数のお茶の産地です。新緑のシーズンには「あやべ里山お茶まつり」も開催されます。
kameokashi
空撮
亀岡市(京都府)は旧丹波国の最南端のまち。大丹波地域の中では人口が最も多く、旧丹波国内の中心都市でもありました。明智光秀が築いた丹波亀山城と城下町は、近代亀岡の礎となりました。また、全国・国際的にも有名な「保津川下り」と「嵯峨野トロッコ列車」は亀岡と京都・嵐山をつなぐ保津峡谷の四季の趣を味わえ、外国人の観光客も多く訪れます。京野菜をはじめ、丹波黒豆、栗、松茸、亀岡牛など豊富な食材も魅力です。
nantanshi
nantan
南丹市(京都府)は京都府内では京都市に次ぐ面積を持ち、日本海に注ぐ由良川と太平洋に流れる桂川と末が異なる川を持つ珍しいまちです。大丹波地域の中でも特に美しい自然が豊富な場所で、その自然の恩恵を受け、自然との共存を大切にしているまちが美山町。日本の原風景を残す「かやぶきの里」は、岐阜県の白川郷や福島県の大内宿につぐ有名な観光名勝です。また、園部町大河内の大堰川支流、園部川が流れる全長4kmの渓谷は「るり渓」と呼ばれ、国の名勝に指定されるほどの美しい場所です。その他にもむスプリングスひよしや府民の森ひよしなどの日吉ダム周辺施設、清源寺の十六羅漢像などの名所があります。
>kyotambashi
kyotanba
京丹波町(京都府)は、かつて京都と山陰を結ぶ山陰道および綾部街道へ抜ける街道沿いに宿場町が栄えたまちです。現在は、伝統芸能が息づくまちとして知られており、旧和知町の「和知太鼓」「人形浄瑠璃」などが主にあげられます。観光名所では、13弦の琴糸のように見えることから名が付いた「琴滝」や京都府唯一、近畿地方でも珍しい鍾乳洞「質志鐘乳洞」、自然公園の「わち山野草の森」などがあります。特産品では、「丹波ワイン」が有名です。京都という場所柄、「和食に合うワイン」がコンセプトで、丹波の食材とも大変相性のよいワインです。
sasayamashi
sasayama
篠山市(兵庫県)は、自然豊かな地域であるとともに、古来京都への交通の要として栄えてきた歴史があるため、町並みや祭りなどに京文化の影響を色濃く残しています。盆地特有の寒暖差が丹波黒大豆の栽培に適しており、近年、観光と農業を組み合わせた観光農業にも力を注いでいます。観光名所は篠山城跡とその城下町が賑わいをみせており、古民家を改装したカフェやレストランが増えています。冬場はイノシシのぼたん鍋が全国的にも有名で、各々自慢の出汁を工夫した専門店がたくさんあります。また、「日本六古窯」のひとつ「丹波焼」のふるさとであり、伝統工芸も盛んに行われています。
tambashi
tamba
丹波市(兵庫県)は大丹波地域の西端に位置し、戦国時代には「丹波の赤鬼」として知られた「赤井(荻野)直正」と「明智光秀」の対決の歴史背景が残っています。江戸時代には、柏原が織田家二万石の城下町となり「柏原藩陣屋跡」などが現在の観光名所となっています。また、丹波市は「丹波もみじめぐり」と呼ばれる紅葉の美しい寺社めぐりに毎年多くの観光客が訪れる他、カタクリの群生地や九尺ふじ、コスモスなど四季を彩る花も美しいまちです。丹波野菜はもちろん、丹波の素材を活かしたスイーツや鹿肉料理などのジビエ料理も人気です。